ファミトラ for JFR CARD

人生100年と言われる時代。
あなたの大切な家族の資産を
今、考えませんか?

サービス紹介動画

資産をまもる2つの方法
『 成年後見制度 』『 家族信託 』

成年後見制度とは?

認知症などにより判断能力が低下した本人に代わって、 主に以下の2つの役割を、家庭裁判所により選ばれた後見人に任せる制度です。

財産管理

口座の入出金など、本人の資産を管理します。

身上監護(しんじょうかんご)

介護施設への入所手続きなど、生活支援を行います。

成年後見制度の注意点

家族が後見人に任命されづらい

およそ8割の場合で、家族ではない、弁護士や司法書士などの第三者が後見人として選任されています。

柔軟な財産管理ができない

家庭裁判所の監督下で、「被後見人本人のみのための財産の保護」が目的とされるため、ご家族のためなどの柔軟な財産の管理や運用ができなくなります。例えば旅行などで家族のためにお金を使うことや、ご実家の売却などは、正当な理由がない限りはできなくなります。

毎月の高額な支払いが発生する

士業の後見人が就任した場合、毎月2~6万円ほどの報酬がかかります。また後見人は原則解任することが難しいため、ご本人が亡くなるまで報酬を支払い続ける必要があります。

後見人による横領が発生している

2012年から2018年の7年間において、親族後見人ならびに司法書士および弁護士などの士業を含めた後見人による横領などの不正の被害件数は3,400件を超え、被害額は総額で200億円を上回ります。

家族以外に財産を任せるのにはちょっと不安があるわね……他に使える制度はないのかしら?

他人に財産を任せる成年後見制度。一方で、家族によって財産を守る方法、それが『家族信託』です。

家族信託とは

家族信託のしくみ

家族信託とは、判断能力があるうちに大切な財産を信頼できるご家族に託すことにより、たとえ認知症などにより判断能力が低下した後でも、ご本人の希望やご家族のニーズに沿った、柔軟な財産の管理や運用を実現することを目的としたしくみです。

※ 信託財産とは、信託契約に基づき、管理や処分を行う財産であり、居住用不動産や賃貸用不動産、預貯金、有価証券等が様々な財産が該当します。詳しくはお問い合わせください。

ファミトラで家族信託を組成してみませんか?

ファミトラは圧倒的な低価格で家族信託を組成し、長期的な安心をご提供するサービスです。

料金

初期費用月額費用
100,000※1
(税込110,000円〜)

家族信託組成
コンサルティング
2,480※2
(税込2,728円)

家族信託運用サポート
(専門家への相談・アプリ利用)
※1 信託する財産の規模、種類および信託契約締結までの期間に応じて初期費用は変動いたします。
※2 月額費用は、1年に1回まとめてお支払いいただきます。

家族信託の組成には、上記初期費用及び月額費用の他に下記記載の費用が発生します。

  • 信託契約書の作成に係る弁護士費用・信託契約書を公正証書化する際の費用・信託口口座の開設費用・不動産の登録免許税
  • 不動産登記に係る司法書士費用

※ その他、ご訪問の地域により出張費用を請求させていただくことがございます。また各種費用の具体的な金額は条件により異なりますので、詳しくはお問い合わせください。

ファミトラの3つの安心

専属の家族信託コーディネーターが担当するので安心

専任の家族信託コーディネーターが、あなたやご家族のご要望を整理した上で、ご家族の問題を解決するためのご提案をします。

※ 家族信託コーディネーターとは、一般社団法人 家族信託普及協会により認定を受けた家族信託においてお客様と専門家との橋渡しをする人

様々な専門家がいるので安心

家族信託の組成に必要な、信託契約書の作成、専用の銀行口座の開設、不動産登記手続きなどの複雑な手続きを、弁護士、司法書士などの多様な専門家と連携し、サポートします。

その後も安心

家族信託の組成後も、信託監督人として、あなたやご家族の家族信託の事務手続きをサポートします。

※ 信託監督人は、あなたがご両親から委託された資産を適切に管理しているかを監督する役割を担います。ファミトラの運営会社である株式会社ファミトラが信託監督人を務めます。

お客様の声

ご利用の流れ

家族信託をご利用いただく場合、以下のステップで家族信託の締結を行い、お客様の資産を安全に管理します。

STEP
無料相談

まずはファミトラにお問い合わせください。あなた専任の担当者が電話・オンライン会議システムを通して、あるいは直接お客様にお会いして、家族信託の概要や他の制度と比較したメリット・デメリットのご説明をいたします。

その後、お客様においてご検討いただいた上で、家族信託や将来の資産管理について、ご家族内でのご相談をしていただきます。 ご家族でのご相談の際に疑問点が生じましたら、些細なことでもかまいませんので、お気軽に担当者にお問い合わせください。

STEP
有料相談

委託者となる方をはじめとするご家族のご理解が得られたら、ご家族で達成されたい内容、信託される資産の内容を踏まえて、より具体的な検討を進めるための有料相談をさせていただきます。

有料相談では、お客様とご家族が達成したい内容の詳細や、家族構成、資産構成などを踏まえて、どのような形の信託契約を結ぶべきか、どのような管理方法をとるべきかについて、具体的なプランの検討・ご提案をさせていただきます。

STEP
信託契約締結

お客様とご家族の間で改めて相談し決定していただいたプランに基づいて、別途選任される弁護士が信託契約書の草案を作成し、契約の内容についてご家族に説明をいたします。

信託契約の当事者となるご家族のみなさまが、契約内容について合意されましたら、資産を託す委託者と資産を託される受託者、信託監督人となる当社およびその他当事者との間で信託契約を締結します。

STEP
信託財産に関する手続き

締結された信託契約に基づき、口座凍結を防ぐために受託者名義で家族信託専用の銀行口座(信託口口座)を開設し、その口座で信託財産とされた現金を管理します。

不動産については、信託財産であることを対外的に明らかにするために信託の登記を行います。その他の資産については、その資産の内容に応じて必要な管理を行います。

これらの手続きについてもスムーズに行えるよう、ファミトラがサポートいたします。詳しくは担当者にお問い合わせください。

STEP
手続き完了

管理された資産が凍結されることはありません。

信託監督人のサポートのもと、信託契約書に従って信託財産を管理することで、ご両親とご家族のみなさまの希望通りに、そして安心して資産を活用することができます。

ファミトラは以下企業様からもご支援いただいております

よくあるご質問

なぜこのような仕組みが可能なんですか?

民事信託という仕組みを用いることによって、ご両親の資産を子が柔軟に管理できるようになるからです。

※ 民事信託制度…自分の資産を特定の用途で他人に管理・運用を任せる場合に用いることができる制度です。 資産を持っている委託者が他人である受託者に運用を任せて、その運用による利益を受益者が享受します。 委託者・受託者・受益者の取り決めや運用方法については信託契約書にて定めます。 特に、自分の資産の運用を家族に任せる場合の民事信託を一般的に家族信託と呼びます。

利用するのにどのような費用がかかりますか?

初期コンサルティング費用、契約書作成・口座開設・不動産がある場合にはその登記費用などの実費、 そして月額費用がかかります。

初期費用はいくらですか?

初期費用は100,000円〜(税込110,000円〜)にてご案内しております。
※信託財産の内容や、組成までの期間によって変動しますので詳細は担当者までお問い合わせください。

実費としてかかるのは具体的にどんなものですか?

実費には以下のものが含まれます。
・信託契約書の作成に係る弁護士費用
・信託契約書を公正証書化する際の費用
・信託口口座の開設費用
・不動産の登録免許税
・不動産登記に係る司法書士費用
※ その他、ご訪問の地域により出張費用を請求させていただくことがございます。また各種費用の具体的な金額は条件により異なりますので、詳しくはお問い合わせください。

ファミトラのサービスを受けるための条件はなんですか?

資産を託すご本人に、認知症など意思能力の問題が生じている場合はファミトラのサービスを提供できません。 この場合は、成年後見制度という制度がございます。 成年後見制度についてもご案内しておりますので、お気軽にファミトラへお問い合わせください。

オプションの変更やファミトラの解約はできますか?

担当者からの説明を聞いたのちでも、オプションの変更は可能です。 家族信託契約の締結後は、家族信託契約の規定に基づきます。

利用可能な地域の制限などはありますか?

ございません。全国にてサービスを展開しております。
ただし、お客様のご要望やご状況により必要になった際は、一般的な交通費を頂戴します。
詳細はお気軽にお問い合わせください。