成年後見制度とは?特徴や費用、家族信託との違いも解説

判断能力が低下した人の生活を支える制度に「成年後見制度」があります。

成年後見制度がどのような制度であるのかを知っておくことで、自分や親が認知症になったときの対処法、もしくは認知症になる前に備えておく方法がわかります。

そこで、この記事では成年後見制度の特徴や費用についてまとめました。

加えて、成年後見制度に類似した制度である家族信託との違いについても解説します。

目次

そもそも成年後見制度ってなに?

成年後見制度とは、認知症などにより意思能力が低下・喪失してしまった人に代わり、財産管理・契約手続き等の法律行為や、生活を支えるためのサポートを行う制度です。

意思能力が十分でなくなってしまうと、預貯金の引き出しや不動産の売却といった財産管理を行うことが難しくなります。また、同様に介護施設への入退去手続き、医療機関への入院手続きなどの契約行為などを、自分自身で行うことも難しくなります。

「自分の行為によって、どのような不利益(または利益)が生じるか」の判断を下すこともできなくなるため、本人が知らず知らずのうちに、不当な契約を結んでしまったり、悪徳商法に引っかかり財産を失ってしまうことがあるかもしれません。

成年後見制度は、こうした事態に陥って本人が不利益を被ることがないよう、本人に代わって後見人が財産の管理・保護、生活の支援をすることを目的として作られた制度です。

成年後見制度には種類がある?

成年後見制度は「法定後見制度」と「任意後見制度」の2種類に分けられます。

「本人に代わって財産を保護・管理し、生活面のサポートをする」という根本的な趣旨はどちらも同じですが、この2つには大きな違いがあります。

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

法定後見制度

「法定後見制度」は、本人の意思能力が既に低下・喪失してしまっている場合に、家族などが家庭裁判所に申立てをすることにより、後見人を選任してもらう制度です。いわば意思能力が喪失してしまった後に、事後的に対応する制度です。

法定後見制度は、本人の意思能力の程度により、「後見」「保佐」「補助」の3つに分けられます。

「後見」:本人の意思能力が全くない場合

基本的に身の回りのことが何もできない状態を指します。財産管理や契約行為はもちろん、日常的な買い物に至るまで、誰かのサポートを必要とするケースです。
「後見人」に選ばれた人は、財産管理など全ての法律行為に対して、「代理権(本人に代わって、契約などの法律行為を行う権限)」や、「取消権(本人が行った法律行為を取り消すことができる権限)」が与えられます。

「保佐」:本人の意思能力が著しく不十分な場合

日常的な買い物などは問題なくできるけれど、財産に関する重要な行為(預貯金の引き出し、不動産の売却、自宅の増改築等)については、誰かのサポートを必要とするケースです。

「保佐人」に選ばれた人は、「同意権(本人が行った行為に対して同意する権限)と「取消権」が与えられます。本人が保佐人の同意を得ずに行った行為で、本人にとって不利益になる場合は、この行為を取り消すことができます。

保佐人に「代理権」は与えられませんが、必要に応じて家庭裁判所から認められた特定の行為についての「代理権」が与えられることもあります。

「補助」:本人の意思能力が不十分な場合

基本的に問題なく日常生活を送ることができるけれど、財産に関する重要な行為(預貯金の引き出し、不動産の売却、自宅の増改築等)を一人で行うには少し不安があるため、誰かにサポートしてもらった方が良いというケースです。

「補助人」に選ばれた人は、保佐人と同様「同意権」「取消権」と、必要に応じて、家庭裁判所から認められた特定の行為についての「代理権」を与えられることがあります。

※ただし、補助人が持つことのできる同意権(取消権)は保佐人に与えられるそれよりも限定されています。

成年後見申立ての流れ

法定後見制度を利用する場合、家庭裁判所に「後見開始の審判」の申立てを行います。 意思能力が低下し被後見人となる人の住所を管轄する家庭裁判所が、申立先です。

申立ては誰でもできるわけではなく、本人・配偶者・四親等内の親族・検察官又は市町村長などに限られています。

申立ての際には、「医師の診断書」が必要です。「後見」「保佐」「補助」の 3 つのうち、どの類型になるかを最終的に判断するのは家庭裁判所になるため、医師の診断書は、本人の意思能力の程度を家庭裁判所に示す上で重要な書類です。 診断書の他、必要書類(住民票や財産目録など、家庭裁判所の HP で公開されています)を揃えたら、郵送又は窓口にて申立ての手続きを行います。

申立て後は、家庭裁判所の調査官が、提出した書類の内容をもとに、申立人や本人、親族等の関係者と面談を行い、意思能力を含め本人の生活・財産状況を確認します。 その調査内容を踏まえて、後見人が選任されるのです。

申立てから選任されるまで、少なくとも2〜4カ月の期間を要します。事案によっては、さらに時間を要する場合もあるでしょう。

任意後見制度

「任意後見制度」は、本人の意思能力があるうちに、将来起こりうる資産凍結問題に備えて、自分の意思で後見人を選定しておくことができる制度です。将来の意思能力の喪失に備えて、事前に備える手段といえます。

依頼をする本人(委任者)と任意後見人になる予定の人(任意後見受任者)は、「任意後見契約」を、「公正証書」により締結します。契約締結にあたって、本人は、将来意思能力が低下・喪失した後の財産管理方法や、介護・医療に係る事務的な手続き内容を自由に決めることができるのです。

前述した法定後見制度は、「本人の意思能力が低下・喪失した後」から手続きが開始されるのに対し、任意後見制度は、「本人の意思能力が低下・喪失する前」に、あらかじめ手続きをしておくという点で大きな違いがあります。 「誰を任意後見人として選ぶのか、何を依頼するのか」を、事前に決めておくことができるという点も、この制度の大きな特徴と言えるでしょう。

しかし、任意後見をスタートさせる時は、家庭裁判所によって必ず「任意後見監督人」が選任されます。

任意後見監督人は、任意後見人が後見制度を悪用して、被後見人本人にとって不利益となるような財産管理・処分などを、好き勝手に行うことを防ぐためにチェック・監督する役割を持っています。

任意後見制度は、家庭裁判所が「任意後見監督人」を選任したときから効力が生じることになるため、利用する際には法定後見制度と同様に、申立ての手続きを行う必要があります。

申立ての流れ

任意後見契約締結後、任意後見制度を利用する場合は、家庭裁判所に「任意後見監督人選任の審判」の申立てを行います。申立て先は、法定後見人制度と同様、被後見人となる人の住所を管轄する家庭裁判所です。

申立ては誰でもできるわけではなく、本人・配偶者・四親等内の親族・任意後見受任者に限られています。また、本人以外が申立てを行う場合には、原則として本人の同意が必要です。

申立ての際は、「申立事情説明書」や「医師の診断書」「住民票」など、家庭裁判所のホームページで公開されている必要書類を揃えて、郵送又は窓口にて申立て手続きを行います。

その後、家庭裁判所の調査官が提出した書類の内容をもとに、申立人や本人、親族等の関係者と面談を行い、意思能力を含め本人の生活・財産状況を確認します。 その調査内容を踏まえて、任意後見監督人が選任されるのです。

家族はなれるの?成年後見人の選び方

後見人になるために必要な資格などは特にありませんが、下記のように、民法第847条で「後見人の欠格事由」というものが定められています。

〈後見人の欠格事由〉
第八百四十七条 次に掲げる者は、後見人となることができない。
一 未成年者
二 家庭裁判所で免ぜられた法定代理人、保佐人又は補助人
三 破産者
四 被後見人に対して訴訟をし、又はした者並びにその配偶者及び直系血族
五 行方の知れない者

これらの事由に当てはまらなければ、基本的に誰でも後見人になる資格があります。

しかし、申立ての際に親族などの「信頼できる人」を後見人の候補者として推薦しても、最終的に「誰を成年後見人として選任するか」を決めるのは家庭裁判所です。必ずしも希望通りの人物が後見人に選任されるとは限りません。

家庭裁判所によって選任される後見人の8割近くは、司法書士、弁護士、行政書士といった専門家です。

◆ 成年後見人等と本人との関係別件数・割合

成年後見人等と本人との関係別件数・割合
※成年後見関係事件の概況(平成31年1月から令和元年12月まで)より

成年後見人等(成年後見人、保佐人及び補助人)と本人との関係をみると、配偶者、親、子、兄弟姉妹及びその他親族が成年後見人等に選任されたものが、全体の約 21.8%となっています。 親族以外が成年後見人等に選任されたものは、全体の約 78.2%(前年は約 76.8%)であり、親族が成年後見人等に選任されたものを4倍近く上回っています。

◆ 親族以外の内訳

成年後見関係事件の概況
※成年後見関係事件の概況(平成31年1月から令和元年12月まで)より
弁護士、司法書士、税理士及び行政書士の数値は、各法人をそれぞれ含んでいます。

なお、任意後見監督人の場合も同様に、親族等ではなく、第三者(弁護士、司法書士、社会福祉士、税理士等の専門職や法律、福祉に関わる法人など)が選ばれることが多くなっています。

第三者が後見人に選任されることが多い背景として、成年後見人となった親族が、被後見人の財産を使い込むようなトラブルが多発したことが挙げられています。 そのため「不正防止」という観点で、親族が任命されることが少なくなっているようです。特に、被後見人の財産が多額の場合や、後見人の就任に反対する親族がいる場合などは、親族が後見人になることは難しいのが実情です。

成年後見制度の利用を検討している方は、この点をよく理解しておく必要があります。

成年後見制度の現状

ここまで、成年後見制度の概要や申立ての流れについて説明してきました。

成年後見制度の利用者数は年々増加傾向にあるものの、認知症患者数の割合から考えると、その数は非常に少ないと言われています。

成年後見制度の申立件数推移
「最高裁判所事務総局家庭局『成年後見関係事件の概況 ー平成30年1月〜12月ー』(平成 31 年 3 月)」より
65歳以上の認知症患者の推定者
「内閣府 平成29年版高齢社会白書(概要版)」より

では、なぜそのような乖離が生まれてしまうのでしょうか。

そこには、成年後見制度に潜む、以下のような点が関係していると考えられます。 良い点・悪い点、それぞれの側面から見ていきましょう。

成年後見制度のメリットは?

1. 財産の使い込みなどを防ぐことができる

認知症の親を抱えるお子様から、「親と同居している親族が、財産を使い込んでいる」といった相談を受けることがあります。これは決して珍しいケースではありません。

意思能力の低下により、自身で財産を管理することができない場合には、同居の親族や身近にいる人が、事実上本人に代わって財産を管理していることが多いです。それらの人によって、勝手に預貯金が引き出されてしまうことが実際にあります。

しかし、成年後見制度であれば、こうした「親族による財産の使い込み」を防ぐことができます。成年後見人は、裁判所監督の下で財産管理を行ない、管理状況を定期的に報告することが求められるためです。預貯金を後見人が管理した場合なども、銀行に対して成年後見人になった旨の届出を行うことになります。届出を行うと、後見人以外の人は預貯金を引き出すことができなくなります。

ご家族内での財産管理を望んでいる人にとっては、公的機関が財産管理に関与することはデメリットとも取れますが、横領のような事態を防ぎ、厳格に財産を管理したい方にとっては、メリットと言えるでしょう。

2. 本人が行った不当な契約を取消すことができる

認知症などで意思能力が衰えてしまうと、自分でも内容が良くわからないまま不当な契約を締結してしまったり、通販番組などで高額な健康食品などを大量に買い込んでしまうことがあります。

成年後見制度は、こういったトラブルにも対処することができます。 後見人には「取消権」と呼ばれる、本人が行った法律行為を取り消すことができる権限が与えられています。

本人に代わって契約を取り消したり、代金の返還を請求したりすることができるのです。

高齢化の進行により、高齢者を標的にした悪質商法による被害が問題視されています。両親がこうした被害に遭わないか心配な場合には、成年後見制度を利用しておくと安心かもしれません。

※任意後見制度には、「取消権」がないため、注意が必要です。

3. 介護サービスや施設入所等、生活に必要な契約を行うことができる

成年後見人の仕事の大きな特徴として、「身上保護」があります。 「身上保護」とは、意思能力を喪失した本人に代わって、住居確保や生活環境の整備、要介護・要支援の認定申請、介護・福祉施設への入退去に係る手続き、医療・入院に係る手続き、費用の支払い等を行うことです。

また、契約・手続き後も、本人を定期的に訪問し、「適切な介護や治療を受けているか」といった生活状況を確認することが求められます。身上保護はあくまでも、「本人の健康に配慮し、安心した生活が送れるように生活環境の手配・整備を行うこと」が仕事です。後見人が本人に対し、直接介護や看護などをすることなどは含まれていません。

離れて暮らしていてなかなか様子を見に行けない方や、本人の近くに身寄りがおらず不安な方にとっては、財産管理だけでなく生活面のサポートまで受けられる成年後見制度は有効な手段となります。

一方で、後見人が入居施設等を選ぶことになるので、ご家族の希望する施設へ入居することができないといったトラブルも発生しています。

成年後見制度をめぐる問題点とは?

成年後見人に親族が任命される可能性が低い(※)

前項(「家族はなれるの?成年後見人の選び方」)でもお伝えしたとおり、成年後見人は、第三者(弁護士や司法書士など)が任命されるケースがほとんどです。

その場合、たとえ親族であっても財産を管理できなくなってしまいます。

成年後見人がつく前は、本人に代わって親族がお金を下ろしていたような場合でも、通帳とカードは成年後見人に渡さなければならず、親族はお金を下ろすことができなくなってしまうのです。

※被後見人の親族が後見人として任命された割合は 21.8%(最高裁判所事務総局家庭局「成年後見関係事件の概況-平成 31 年 1 月〜令和元年 12 月-」)

親族を後見人としても、後見監督人を選任する必要があり、家族のみでの財産管理ができない

任意後見人には必ず、後見人が正しく後見行為を行っているかを監督する役割を持つ、任意後見監督人がつくことになります。(法定後見制度でも、家庭裁判所が必要だと判断した場合にはつきます)

後見監督人は家庭裁判所によって選任され、後見人に対して、後見事務に関する書類(領収書など)や財産目録、通帳のコピーなどの提出を求めます。本人の生活や財産状況は、全て家庭裁判所に知られることになるのです。

そのため、たとえ親族が後見人になったとしても、被後見人の財産は実質的に家庭裁判所の管理下に置かれることになります。

後見人や後見監督人を選定した場合、高額な報酬を支払う必要がある

成年後見制度の利用を開始すると、本人の財産から、毎月(※)後見人に対して報酬を支払う必要があります。報酬の金額は本人の財産額によって異なり、家庭裁判所によって決められます。(※)

管理財産額月額
1000万円以下2万円
1000万円 ~ 5000万円3~4万円
5000万円超5~6万円

後見監督人、任意後見監督人の場合も同様です。費用は以下のようになります。

管理財産額月額
5000万円以下1~2万円
5000万円超2万5千円~3万円

これらの金額以外にも、申立ての際にかかる費用(申立手数料、後見登記手数料、連絡用郵便切手代、医師による鑑定料など)がかかってくるため、経済的な負担が非常に大きくなってしまうのです。

※ 法定後見人の場合。任意後見人の場合、報酬は被後見人との事前の取り決めで指定します。

基本的に本人が亡くなるまで続くため、途中で利用をやめることができない

成年後見制度は、一度利用を開始すると、本人の意思能力が回復したと認められるような場合でない限り、途中でやめることはできません。現在の医療では、認知症の進行は不可逆的であるとされており、基本的に意思能力の回復は見込めません。
そのため、本人が亡くなるまで上記の報酬・費用を継続的に支払い続けることになります。

あくまでも本人のみの財産保護を目的とした制度であるため、資産の運用や生前贈与などの柔軟な管理ができない

成年後見制度は、あくまでも本人の現有財産の維持・保護を図ることが目的です。そのため、積極的に財産を運用するような行為は想定されていません。

財産を子や孫の教育資金として使いたいといった本人以外のために使う場合や、財産の株式への投資なども同様に想定されていません。

基本的に「本人の財産を減らす」ことに繋がる行為は認められません。

成年後見制度以外の方法は?家族信託という選択肢も

成年後見制度以外に、意思能力が低下した人の財産を代わりに管理する方法として、家族信託が挙げられます。

家族信託とは、家族が代わりに財産を管理する方法であり、成年後見制度よりも財産管理の自由度が高いことが特徴です。

意思能力が低下する前に、依頼する本人と家族との間で、どの財産を信託するのか、どんな目的で利用するのかなどを決め、その内容に沿った信託契約を結ぶことで利用することができます。

以下の記事で、家族信託に関する詳しい内容を解説していますので、興味のある方は併せてご覧ください。

成年後見制度と家族信託のどちらを選ぶべき?

では、成年後見制度と家族信託はどちらを選べば良いのでしょうか。

ここでは、成年後見制度がおすすめのケースと、家族信託におすすめのケースを3つずつ紹介します。

成年後見制度の検討をおすすめするケース

まずは、成年後見制度の検討をおすすめするケースを3つ解説します。

財産トラブルが心配な場合

判断能力が低下している場合、財産トラブルに巻き込まれる事態が想定されます。

判断能力が低下していると、必要な個数よりも何倍も多く注文してしまったり、悪徳商法に引っかかってしまったりすることが考えられます。

このような事態に陥っても、成年後見制度では、本人に代わって契約の取り消しが可能です。

判断能力が低下している本人と同居中の他の親族による使い込みも、成年後見制度によって阻止できます。

このような財産トラブルが心配な場合は、成年後見制度の利用がおすすめです。

本人の判断能力がすでに失われている場合

家族信託は、本人の判断能力がある状態で、将来、判断能力が失われた場合に備えておくための制度です。

そのため、本人の判断能力がすでに失われている場合は、家族信託を結ぶことができません。

したがって、本人の判断能力がすでに失われている場合に、本人以外が財産管理をするには成年後見制度を利用することになります。

専門家に財産管理や身上保護を任せたい場合

専門家に財産管理や身上保護を任せたい場合にも、成年後見制度の利用がおすすめです。

例えば、家族で財産管理をするのが不安な場合や、忙しくて財産管理や身上保護にまで手が回らない場合が想定されます。

家族信託では家族が財産管理をすることになるため、これらの不安や負担は軽減されません。

しかし、成年後見制度で専門家に依頼すれば、責任を持って財産管理をしてくれますし、家族が日常生活の時間が取られてしまうことは少なくなります。

家族信託の検討をおすすめするケース

続いて、家族信託の検討をおすすめするケースを3つ紹介します。

家族だけで財産管理をしたい場合

判断能力が低下した場合、家族だけで財産管理をしたいと考える方も多くいるでしょう。

成年後見制度では、弁護士や司法書士などの専門家が財産管理に関与するケースがほとんどです。しかし、家族信託では、家族のみでの財産管理ができます。

このように、家族だけで財産管理をしたい場合には、家族信託の検討がおすすめです。

柔軟な財産管理をしたい場合

成年後見制度では財産管理の方法が限定されています。

資産運用や相続税対策などの直接的に本人のためにならない用途には、財産を使用できません。

一方で家族信託は、信託を依頼する本人と家族との間で合意していれば、その範囲内において財産を自由に使えます。

このように、柔軟に財産を管理、運用、処分したい場合は家族信託がおすすめです。

孫の代まで相続人を指定したい場合

成年後見制度では相続先を指定できません。

また、遺言書を併せて使用した場合でも、自分の次の代までしか相続先を指定できません。

しかし、家族信託は孫の代まで相続人を指定できます。

例えば、自分が亡くなったら長男に全財産を承継させ、長男が亡くなったら長男の子どもに残っている財産を全て相続する、などの指定が可能です。

このように、孫の代まで相続人を指定しておきたい場合も、家族信託がおすすめです。

成年後見制度と家族信託の併用を考えるケース

家族信託は、家族だけで財産管理ができ、その用途も自由に決められる便利な制度ですが、家族信託だけではカバーしきれない場合があります。

しかし、成年後見制度と併用すればカバーできる場合がほとんどです。

ここでは、成年後見制度と家族信託の併用を考えるのはどのようなケースかを解説します。

財産所有者に身上保護が必要な場合

家族信託では、身上保護ができません。

身上保護ができないと、福祉サービスや老人ホームの利用、入院が必要な場合の契約などができず、日常生活がかなり不便になります。

しかし、成年後見制度では身上保護ができるため、身上保護が必要な場合は、家族信託との併用がおすすめです。

信託財産以外に管理してほしい財産がある

家族信託では、信託できる財産が限られており、農地や株式などは信託が難しかったり信託できなかったりすることがあります。

また、年金が入金される口座も信託できません。

年金は一身専属的なものとして本人名義の口座にしか振り込まれませんが、家族信託では一身専属の権利を信託財産にはできないため、信託専用口座を年金の受取口座とすることはできません。

しかし、成年後見制度では農地や株式、年金が入金される口座など、信託が難しかったりできなかったりする財産の管理もできるため、必要があれば併用を検討しましょう。

成年後見制度と家族信託を併用する際の注意点

成年後見制度と家族信託の併用は、足りない点を補える点で非常に便利です。

ここでは、成年後見制度と家族信託を併用する際に、何に注意すれば良いのかを解説します。

受託者と任意後見人が同一人物になるのは望ましくない

家族信託と成年後見制度において、受託者と任意後見人が同一人物になるのは望ましくありません。

家族信託では受託者が本人の代わりに財産を管理・運用し、受益者である本人がそれを監視する役割を果たします。

将来、本人の判断能力が低下すると、成年後見人が本人に代わって財産を管理する立場になります。

こうなると、財産を管理する人もそれを監視する人も同一人物になってしまい、利益相反の状態になることで、監視の役割を果たせなくなってしまう可能性があるのです。

しかし、財産管理をしたい本人は、一人に全て依頼したいと考えるのも無理はありません。

では、どうするのが適当なのでしょうか。

管理を任せられる人が複数いる場合と一人しかいない場合に分けて解説します。

管理を任せられる人が複数いる場合

実質的に財産を管理するのは、家族信託における受託者です。

そのため、管理を任せられる人が複数いる場合は、信頼のおける人を受託者にするのがおすすめです。

他の家族には、任意後見人になってもらい、受託者の財産管理に問題がないかを監視してもらう役割をお願いしましょう。

管理を任せられる人が一人しかいない場合

一方、管理を任せられる人が一人しかいない場合は、一人にお願いするしかありません。

ただし、この際には、一人にお願いしても全く問題がないと言えるほどに信頼関係が築けていることが前提です。

そうでない場合は、他の制度の利用も検討してみてください。

また、一人に任せる場合は、利益相反になってしまうため、利益相反が想定される条項を代理権目録に盛り込んだり、信託契約書に利益相反許容条項を盛り込んだりする対策が必要です。

家族信託と成年後見の2つの費用がかかる

家族信託も成年後見制度も、利用を開始する際に専門家のサポートを受ければ、その分の費用がどちらにも発生します。

加えて、成年後見人に専門家を選定する場合には月額報酬を支払う必要もあります。

なお、専門家への月額報酬は2〜6万円ほどです。

このように、2つの制度を利用する分、多くの費用がかかる点にも注意しておきましょう。

家族信託と成年後見を同時に開始することはできない

家族信託は、判断能力を失う将来を見込んで、判断能力のあるうちに契約をし、効力が発生します。

一方、任意後見制度は、契約自体は判断能力があるうちにできますが、利用は判断能力を失った時に開始の審判を請求し、認められることで開始されます。

そのため、同時に家族信託と任意後見制度を開始することができない点にも注意が必要です。

成年後見制度の特徴をよく理解しましょう

成年後見制度は、判断能力を失っても、家族や専門家などが代わりに財産管理や身上保護ができる制度です。

不当な契約の締結の取り消しや、他の家族による財産の使い込みの防止ができます。

加えて、家族信託と呼ばれる制度と併用することで、自由に財産管理をしつつ身上保護も可能になるメリットもあります。

ファミトラでは、成年後見制度や家族信託に関する相談を受け付けています。

「どの制度を利用したら良いのかわからない」「成年後見制度や家族信託について詳しく知りたい」のようにお考えの場合は、ぜひお気軽にご相談ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

小牟田尚子 小牟田尚子 家族信託コーディネーター®

化粧品メーカーにて代理店営業、CS、チーフを担当。
教育福祉系ベンチャーにて社長室広報、マネージャーとして障害者就労移行支援事業、発達障がい児の学習塾の開発、教育福祉の関係機関連携に従事。
その後、独立し、5年間美容サロン経営に従事、埼玉県にて3店舗を展開。
7年間母親と二人で重度認知症の祖母を自宅介護した経験と、障害者福祉、発達障がい児の教育事業の経験から、 様々な制度の比較をお手伝いし、ご家族の安心な老後を支える家族信託コーディネーターとして邁進。

1人で悩んでも問題は解決しません。わからないことは家族信託のプロに無料で相談してみませんか?

お客様のご状況に合わせて最適な方法を幅広くご提案・サポートいたしますので、家族信託に興味がある方は、ファミトラまでぜひご相談ください。

お気軽にまずは無料相談をご活用ください。

目次