認知症の人にやってはいけないこととは?家族の対応のポイントを解説

認知症の人にやってはいけないこと

活用事例やよくある質問、家族信託の仕組みなどをまとめたファミトラガイドブックがお手持ちのスマホやパソコンで閲覧できます!

活用事例やよくある質問、家族信託の仕組みなどをわかりやすく約30ページにまとめたファミトラガイドブック(デジタル版)がお手持ちのスマホやパソコンで閲覧できます!

認知症の人にやってはいけないことがあります。
認知症の人にやってはいけないことをしてしまうことで、症状がさらに悪化してしまう可能性もあるのです。

そこで、本記事では認知症の人にやってはいけないことについて徹底的に解説します。

目次

家族信託をご検討中の方へ

家族信託 無料相談

認知症による資産凍結問題は1人で悩んでも問題は解決しません。わからないことは家族信託のプロに無料で相談してみませんか?

家族信託コーディネーターが、ご家族に寄り添い、真心を込めて丁寧にご対応します。お客様のご状況に合わせて最適な方法を幅広くご提案・サポートいたします。

お気軽にまずは無料相談をご活用ください。

認知症の人にやってはいけないことをした際に起こることや、家族が対応する際のポイントについても解説しますので、ぜひ最後までお読みください。

認知症の人の頭の中を理解して接しよう

芸能

認知症の人と接する際は、認知症の人の頭の中を理解することが大切です。

認知症になったからといって、認知症の人は自尊心を失っているわけではありません。

むしろ、自分が認知症になってしまったことに対して、不安や恐怖、混乱、悲しみ、周囲への申し訳なさ、自信喪失などの感情を抱いています。

そのため、自分を守るために攻撃的な反応を示したり、逆に自信喪失から無気力になってしまったりするのです。

認知症の人を介護するのは大変なことではありますが、認知症の人も同じように苦しんでいます。
ですから、認知症の人と接する際は認知症の人の気持ちを理解した上で接することが大切です。

認知症の人にやってはいけないこと9つ

介助

ここでは、認知症の人にやってはいけないことを9つ紹介します。

  • 怒鳴ったり叱りつけたりする
  • 無理に思い出させようとする
  • 失敗したことを責める
  • 間違いを指摘する
  • 子ども扱いする
  • 行動を急かす
  • 命令する・強制する
  • 行動を制限する・何もさせないようにする
  • 家に閉じ込めようとする

具体的にどのような行動をしてはいけないのかを解説します。

①怒鳴ったり叱りつけたりする

認知症の人を怒鳴ったり𠮟りつけたりしてはいけません。

「認知症の人は物忘れが激しいから怒鳴ったり叱ったりしても覚えてない」と考える人もいるかもしれません。しかし、詳細な状況は忘れても怒鳴られた時の感情は覚えているものです。

一方、怒鳴られた内容は覚えていないことがほとんどであるため、もし怒鳴ったとしても効果はありません。

認知症の人に対して感情的に怒鳴ったり叱りつけたりするのではなく、仕方のないことだと割り切って優しく対応することが大切です。

②無理に思い出させようとする

無理に思い出させようとすることもやってはいけません。

「なんとか記憶力を回復してほしい」との思いから、脳トレをさせるなど、無理に思い出させようとするケースが見受けられます。

しかし、多くの認知症は症状が改善することは考えにくく、症状の進行を遅らせることしかできません。

また、症状が改善できるタイプの認知症であっても、医師の判断を仰ぎながらでなければ、間違った対処法をしてしまう可能性があります。

無理に思い出させようとして思い出すことができないと、認知症の人の自尊心を傷つけることにもなります。
そのため、無理に思い出させようとするのではなく、医師の判断のもと適切な対処法を取るようにしてください。

③失敗したことを責める

失敗したことを責めることも、認知症の人にやってはいけないことの1つです。

認知症の人は判断能力が鈍っているため、間違った行動をしたり失敗したりしてしまうことが多々あります。
しかし、本人の中では正しい行動をしたつもりであるため、失敗したことを責められると何が正解かわからなくなり、混乱してしまいます。

失敗したことを恥ずかしがる気持ちを持ってしまうと、行動するモチベーションが下がってしまい、活動的な日常生活を送れなくなる可能性もあるのです。

失敗したことを責めるのではなく、落ち着いて見守ってあげることが大切です。

④間違いを指摘する

認知症の人には、間違いを指摘することもやってはいけません。

失敗したことを責めてはいけないのと同じ理由で、認知症の人は正しいと思って発言をしたり行動をしたりします。
そこで、間違っていると指摘されると、認知症の人が混乱したり自尊心が傷ついてしまったりします。

失敗を責めたり間違いを指摘したりせず、見守ってあげてください。

⑤子ども扱いする

認知症の人を子ども扱いすることも、やってはいけません。

認知症の人は、認知機能の低下により物忘れをしたり判断を誤ったりすることはありますが、感情は覚えています。
そのため、認知症の人だからといって子ども扱いをすると、認知症の人の自尊心を傷つけることになるのです。

認知症になっても、子ども扱いするのではなく、できるだけこれまでと同じように接するように心がけてください。

⑥行動を急かす

行動を急かすことも、認知症の人にやってはいけないことの1つです。

認知症の人は脳の機能が低下しているため、行動が遅くなることがあります。
「早くしてくれ」とイライラしてしまう気持ちも十分にわかりますが、行動を急かしても認知症の人の行動が早まるわけではありません。

むしろ、混乱させてしまう原因になるため、行動を急かすことも逆効果だといえるでしょう。

⑦命令する・強制する

命令したり強制したりすることも、認知症の人にやってはいけません。

命令や強制は高圧的な態度でなされることが多く、認知症の人にとって大きなストレスになりかねません。
強いストレスを受けると、認知症が急速に進行してしまう原因にもなるので、命令や強制は絶対にしないようにしてください。

⑧行動を制限する・何もさせないようにする

行動を制限したり何もさせないようにしたりすることも、やってはいけません。

認知症の人は、失敗したり間違えたり行動が遅かったりします。そのため、面倒を見ている人がストレスを受けないために、行動を制限したり何もさせないようにしたりすることが考えられます。

しかし、認知症の人にもできることはあります。
認知症だからといって行動を制限してしまうと、孤独感を感じる上、脳への刺激が減り認知症の進行を早めてしまう可能性もあるのです。

そのため、認知症を発症しても、行動を必要以上に制限することは控えてください。

⑨家に閉じ込めようとする

行動制限をさらに厳しくして、家、もしくは部屋に閉じ込めようとすることもやってはいけません。

家に閉じ込められることは認知症の人にとっても苦痛であるため、無理やりにでも外に出たり、二度と閉じ込められないように遠くへ徘徊したりすることが考えられます。

このことが影響して、さらに症状が悪化してしまう可能性もあるため、家に閉じ込めようとせずに、寄り添って生活を共にしてあげてください。

家族信託をご検討中の方へ

家族信託 無料相談

認知症による資産凍結問題は1人で悩んでも問題は解決しません。わからないことは家族信託のプロに無料で相談してみませんか?

家族信託コーディネーターが、ご家族に寄り添い、真心を込めて丁寧にご対応します。お客様のご状況に合わせて最適な方法を幅広くご提案・サポートいたします。

お気軽にまずは無料相談をご活用ください。

認知症の人にやってはいけないことをするとどんな影響がある?

頭痛

ここまで紹介した、認知症の人にやってはいけないことをすると、以下のような影響が出ます。

  • 家族に対するマイナスの感情が残ってしまう
  • 症状を進行させる可能性がある

家族に対するマイナスの感情が残ってしまう

1つ目の影響は、家族に対するマイナスの感情が残ってしまうことです。

先ほどもお伝えしましたが、認知症の人は物忘れが激しくても、その時の感情はよく覚えています。
そのため、家族から嫌なことをされると、家族に対するマイナスな感情が残ってしまうのです。

判断能力が鈍った状態では、関係を修復するのも簡単ではありません。なるべくマイナスの感情が残らないように、認知症の人の気持ちを理解した上で接するように心掛けてください。

症状を進行させる可能性がある

2つ目の影響は、症状を進行させる可能性があることです。

行動を制限したり家に閉じ込めたりすると脳への刺激が減少し、間違いの指摘や命令・強制などをすると大きなストレスを受けます。

脳への刺激が減少したり多大なストレスを受けたりすると、認知症の症状は進行しやすくなります。

お悩みの方は無料相談・資料請求をご利用ください

家族信託 無料相談

法務・税務・不動産・相続に関する難しい問題は1人で悩んでも問題は解決しません。わからないことは家族信託のプロに無料で相談してみませんか?

家族信託コーディネーターが、ご家族に寄り添い、真心を込めて丁寧にご対応します。お客様のご状況に合わせて最適な方法を幅広くご提案・サポートいたします。

お気軽にまずは無料相談をご活用ください。

法律的な問題・税務に関する問題・不動産・相続に関する難しい問題は1人で悩んでも問題は解決しません。わからないことは家族信託のプロに無料で相談してみませんか?

家族信託コーディネーターが、ご家族に寄り添い、真心を込めて丁寧にご対応します。お客様のご状況に合わせて最適な方法を幅広くご提案・サポートいたします。

お気軽にまずは無料相談をご活用ください。

電話受付時間:9:00〜18:00(平日)

認知症の人に認知症と伝えるのはNG?告知のメリット・デメリット

認知症の人に「あなたは認知症です」と伝えても良いのでしょうか。

認知症であることを伝えるメリットとデメリットについて紹介するので、比較した上で伝えるかどうかの判断をしてください。

認知症と早期に伝えるメリット

認知症であることを早期に伝えることで、本人が今後の生活について考えるきっかけを作れます。

また、本人がどのような治療方法を希望するのかを聞くこともできるため、本人の希望通りに治療を進められる可能性が高まります。

さらに、財産管理などの対策も早めに講じることができるため、認知症であることを早期に伝えることには大きなメリットがあるのです。

認知症と伝えることで生じる可能性があるデメリット

一方、認知症であることを知ってしまうと傷ついてしまう可能性もあります。

そのため、認知症であることを早期に伝えるのであれば、伝えた後に精神的にサポートできる体制をあらかじめ整えておくことが大切です。

その際も家族だけで体制を整えるのではなく、本人の希望を聞きながら行うことで、本人も安心して過ごせるようになります。

認知症であることを早期に伝える際は、デメリットにも気を向けながら対応するようにしてください。

家族信託をご検討中の方へ

家族信託 無料相談

認知症による資産凍結問題は1人で悩んでも問題は解決しません。わからないことは家族信託のプロに無料で相談してみませんか?

家族信託コーディネーターが、ご家族に寄り添い、真心を込めて丁寧にご対応します。お客様のご状況に合わせて最適な方法を幅広くご提案・サポートいたします。

お気軽にまずは無料相談をご活用ください。

親が認知症になったらやるべきこととは

お年寄り

親が認知症になったときにやるべきこととして、以下の3つが挙げられます。

  • 認知症について理解する
  • 常に余裕を持つ
  • 資産管理や相続の対策を検討する

認知症について理解する

まずは、認知症がどのようなものか理解する必要があります。

認知症には様々な種類があり、種類によって症状も治療法も異なるのです。
症状の進行を遅らせることしかできない認知症もあれば、症状の改善が見込める認知症もあります。

認知症の人にはどのような態度で接すればよいのかを知ることで、大きなトラブルなく対応できるようになるでしょう。

常に余裕を持つ

常に心の余裕を持つことも大切です。

認知症の人は、間違った発言や失敗などをしやすくなるため、周囲にいるとイライラしてしまうこともあるかもしれません。
しかし、イライラした態度で接してしまうと、認知症の人が抱えるストレスも大きくなってしまいます。

ゆっくり話したりしっかり話を聞いたりするなど、行動面で余裕を持てると、心の余裕も持ちやすくなります。

焦らずゆっくり、落ち着いて対応するようにしてください。

資産管理や相続の対策を検討する

資産管理や相続の対策を検討することも大切です。認知症になってしまった場合には資産が凍結する恐れが出てきます。

認知症が初期症状の段階であれば、取れる対策の選択肢が多くなります。
柔軟に財産管理ができる家族信託も、認知症の初期段階であれば契約できる可能性が高いのです。

家族信託については、以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

介護サービスや公的サポートの利用を検討する

介護サービスや公的サポートの利用を検討することも大切です。

仕事をしていたり遠くに住んでいたりするなどして、つきっきりの介護が難しい場合も多くあるでしょう。
その際に、介護サービスや公的サポートを利用することで、介護の負担が大きく減ります。

もし、介護サービスや公的サポートを利用しようと考えている場合は、認知症を発症した親と相談できる状態であれば、意思確認をすることがおすすめです。

家族信託をご検討中の方へ

家族信託 無料相談

認知症による資産凍結問題は1人で悩んでも問題は解決しません。わからないことは家族信託のプロに無料で相談してみませんか?

家族信託コーディネーターが、ご家族に寄り添い、真心を込めて丁寧にご対応します。お客様のご状況に合わせて最適な方法を幅広くご提案・サポートいたします。

お気軽にまずは無料相談をご活用ください。

認知症の人にやってはいけないことに関するよくある質問

介助

最後に、認知症の人にやってはいけないことに関するよくある質問を2つ紹介します。

  • 認知症の人に言ってはいけない言葉はどのようなものですか?
  • 認知症の人に接するときのポイントを教えてください
認知症の人に言ってはいけない言葉はどのようなものですか?

認知症の人に言ってはいけない言葉は、主に以下のようなニュアンスを含む言葉です。

  • 怒鳴る
  • 叱りつける
  • 失敗を責める
  • 間違いを指摘する
  • 子ども扱いする
  • 行動を急かす
  • 命令する・強制する

認知症の人がストレスを抱えたりマイナスな感情を抱いたりする原因になります。思っても言わないように心がけてください。

認知症の人に接するときのポイントを教えてください

認知症の人に接するときは、心に余裕を持って優しく接することが大切です。

気持ちの面で余裕が出れば、優しい口調で話したり、しっかり話を聞いてあげたりするなど、認知症の人が安心できる行動が取りやすくなります。

また、話しかける際は1対1でのコミュニケーションがおすすめです。
複数人で話しかけてしまうと、話の内容がまったく理解できなくなってしまう上、恐怖を感じてしまうこともあります。

そのため、1対1で優しく接するように心がけてください。

お悩みの方は無料相談・資料請求をご利用ください

家族信託 無料相談

法務・税務・不動産・相続に関する難しい問題は1人で悩んでも問題は解決しません。わからないことは家族信託のプロに無料で相談してみませんか?

家族信託コーディネーターが、ご家族に寄り添い、真心を込めて丁寧にご対応します。お客様のご状況に合わせて最適な方法を幅広くご提案・サポートいたします。

お気軽にまずは無料相談をご活用ください。

法律的な問題・税務に関する問題・不動産・相続に関する難しい問題は1人で悩んでも問題は解決しません。わからないことは家族信託のプロに無料で相談してみませんか?

家族信託コーディネーターが、ご家族に寄り添い、真心を込めて丁寧にご対応します。お客様のご状況に合わせて最適な方法を幅広くご提案・サポートいたします。

お気軽にまずは無料相談をご活用ください。

電話受付時間:9:00〜18:00(平日)

まとめ:認知症の人にやってはいけないことを意識したコミュニケーションを

お年寄り

認知症の人が不安を抱えたり恐怖心を感じたりするような行為はやってはいけません。
認知症の人がいる場合、優しく接してあげることが大切です。

また、認知症を発症すると資産の管理処分ができなくなってしまう恐れがあるため、施設を探す前に家族信託の相談をすることをおすすめします。

家族信託は家族が柔軟に財産管理ができる仕組みであるため、認知症になった人の財産を介護などにも利用できるようになるのです。

ファミトラでは、家族信託の専門家(家族信託コーディネーター)が家族信託の設計から組成、運用までをトータルでサポートします。無料相談も受け付けているので、些細なことでも遠慮なくご相談ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

これを読めば「家族信託」のことが丸わかり

全てがわかる1冊を無料プレゼント中!

  • 家族信託の専門家だからこそ作れる充実した内容のパンフレット
  • 実際にご利用いただいたお客様の事例
  • お客様からよくいただくご質問への回答
  • 老後のお金の不安チェックリスト

家族信託の仕組みや実際にご利用いただいた活用事例・よくあるご質問のほか、老後のお金の不安チェックリストなどをまとめたファミトラガイドブックを無料プレゼント中!

これを読めば「家族信託」のことが
丸わかり!全てがわかる1冊を
無料プレゼント中!

  • 専門家だからこそ作れる充実した内容
  • 実際にご利用いただいたお客様の事例
  • お客様からよくいただくご質問への回答
  • 老後のお金の不安チェックリスト

PDF形式なのでお手持ちのスマートフォンやパソコンで読める。「家族信託」をまとめたファミトラガイドブックです!

この記事を書いた人

小牟田尚子 小牟田尚子 家族信託コーディネーター®

化粧品メーカーにて代理店営業、CS、チーフを担当。
教育福祉系ベンチャーにて社長室広報、マネージャーとして障害者就労移行支援事業、発達障がい児の学習塾の開発、教育福祉の関係機関連携に従事。
その後、独立し、5年間美容サロン経営に従事、埼玉県にて3店舗を展開。
7年間母親と二人で重度認知症の祖母を自宅介護した経験と、障害者福祉、発達障がい児の教育事業の経験から、 様々な制度の比較をお手伝いし、ご家族の安心な老後を支える家族信託コーディネーターとして邁進。

目次